無機廃液回収のお知らせ

 無機廃液責任者に関する書類
  無機廃液管理責任者の変更に関するお願い (PDF)
  無機廃液管理責任者 (PDF)
  無機廃液管理責任者の交代手続き (PDF)
  無機廃液受渡しカード (WORD)NEW

 無機廃液処理申込書(NEW
  1.無機廃液処理申込カード (WORD)

  2.無機廃液安全確認カード (WORD)


平成27年度から無機廃液の処理はフェライト化法による学内中間処理を止め、すべて学外委託処理を行っております。平成29年度より、回収方式が変わりましたので、ご注意ください。

1. 平成29年度無機廃液回収の年間予定日(NEW)

回収予定日
申込締切日
2017
4
11(火)
3月30日(木)
5
16(火)
4月28日(金)
6
6(火)
5月25日(木)
7
4(火)
6月22日(木)
8
1(火)
7月20日(木)
9
5(火)
8月24日(木)
10
3(火)
9月21日(木)
11
7(火)
10月26日(木)
12
5(火)
11月22日(水)
2018
1
9(火)
12月25日(月)
2
6(火)
1月25日(木)
3
6(火)
2月22日(木)


2. 「無機廃液安全確認カード」のチェックは正確に!
 ・貯留区分の徹底 特に水銀含有廃液は微量でも水銀系で申し込んでください。
 ・沈殿物、浮遊物は「濾過」等により除去してください。
 ・ポリ容器は循環使用しておりますので、マジック等で記入したり、ガムテープを貼ることは一切ご遠慮ください。


3. 廃液中の酸・塩基濃度に関して
 処理作業の安全を期すため、濃酸・濃塩基は以下の基準に適合するように希釈してください。
   一般の酸・塩基濃度 ・・・ 市販試薬の最高濃度の1/3以下
   酸化性酸類の濃度  ・・・ 市販試薬の最高濃度の1/5以下
      *排出者の責任で廃液の不活性化の処置を行ってください。

4. 写真系廃液について
 現像液と定着液は別々に貯留し回収に出してください。

貯留から回収の流れ(NEW)
(部局により異なる場合があるため、無機廃液管理責任者に問合せください)

各研究室にて貯留
(水銀系廃液に関しては環境安全研究管理センターに相談すること)

各研究室から各部局の無機廃液管理責任者(以下、責任者)に申込カードと安全確認カードを添えて回収量を連絡
(PRTR第一種指定化学物質移動票は不要)

責任者からセンターに缶数を連絡(回収予定日の2週間前)

回収日時を調整

センターから責任者に日時を連絡

責任者から各研究室に日時を連絡

指定日時に指定回収場所へ廃液を搬入

責任者は、申込カードと安全確認カードに受渡しカードを添付して廃液を引き渡す
(空容器と引き換え)


無機廃液回収量の連絡先および無機廃液に関する問合せ:
muki-epc-support@epc.osaka-u.ac.jp