PRTR法と大阪府条例の改正について

                                                H20.12.8 
                                大阪大学 環境安全研究管理センター

 PRTR法は、平成11年7月に公布され、平成13年度から施行されてきた。この度、対象物質や対象事業者が見直され、施行令の一部が改正され平成20年11月に公布された。主な改正点を以下にまとめる。

1.対象物質に関する改正
 (1)第一種指定化学物質 (PRTR&MSDS対象)
   従来の354物質から462物質に大幅に増加。
   
 (2)特定第一種指定化学物質 (第一種指定化学物質のうち発がん性が高いもの)
   石綿、エチレンオキシド、カドミウム及びその化合物、6価クロム化合物、
   塩化ビニル、ダイオキシン類、鉛化合物、ニッケル化合物、砒素及びその無機化合物、
   1,3-ブタジエン、2-ブロモプロパン、ベリリウム及びその化合物、
   ベンジリジントリクロリド、ベンゼン、ホルムアルデヒドの15物質(従来は12物質)   
    追加された物質:鉛化合物、1,3-ブタジエン、2-ブロモプロパン、ホルムアルデヒド
    削除された物質:メトキサレン
 
 (3)第二種指定化学物質 (MSDS対象)
   従来の81物質から100物質に増加。 
 
2.対象業種に関する改正
   医療業が追加された。   
   
3.施行日
  PRTRに関しては、平成22年度より適用され、平成23年の届出が最初となる。
  MSDSに関しては、平成21年10月1日より施行される。  
    
 政令番号も改正前後でほとんど変更されているので注意を要する。

  PRTR第1種および第2種指定化学物質(NEW)
  大阪府条例第1種および第2種管理化学物質(PRTR指定以外)(NEW)
  大阪府条例 VOC(NEW)