作業環境測定について

                                                H24.2.8 
                                大阪大学 環境安全研究管理センター

 教職員、学生の健康を守るために特定化学物質障害予防規則(特化則)・有機溶剤中毒予防規則(有機則)に係る作業環境測定が平成16年から実施されています。

 大阪大学では、毎年前年の11月頃に各研究室の担当者に、エクセルシート「作業環境測定調査シート」をメールにて送付しますので、必要項目を記入して頂き、それに従って測定項目を選定し、4月に業者の入札による決定後、5-6月頃、11-12月頃の2回の作業環境測定を実施している。
 測定結果は、環境安全研究管理センター発行の「環境安全ニュース」や「保全科学」で随時報告しています。

 また、作業環境測定結果(各部屋の測定箇所、測定数値などの詳細なデータ)は環境安全研究管理センターで保管しています。

作業環境評価基準に係る管理濃度が見直され、H24年4月より適用される。従って、24年度前期分より、厳しい管理濃度が適用されることになる。見直された物質は以下の通りです。


特定化学物質&有機溶剤一覧

ホームへ